母校と歩む松陵会

平塚工科高等学校の歴史を紹介 

S14.4     県立第2工業学校として開校(仮校舎は県立神奈川工業学校)
           急速に発展した京浜工業地帯の技術者不足解消のため、横浜
          市立、川崎市立、横須賀市立などの工業学校が相次いで開校した。
S15.2     県立平塚工業学校と改称し、現在地に校舎を移す。
           設置学科は機械、電気、応用化学、採鉱冶金の4科
           敷地は、平塚市の寄贈であった。
S16(1941)  県立平塚工業学校同窓会「松陵会」設立
S20.7      平塚空襲により、校舎焼失。9月頃より、平塚高女(現江南)
           の一部を借りて、授業再開(3部授業)
S21.4      県立平塚中学校と組織変更。 
S21.11     仮校舎を海軍工廠後に移し、本格的な授業再開。
S23.4      学制改革により神奈川県立平塚高等学校となり、普通科
          機械科、電気科、工業化学科、冶金科を置く総合制高校となる。
S28.10     校舎再建(木造、教室棟、理科棟、電気実習棟など)
S39.4     普通科を廃科とし、工業科(機械、電気、工業化学)となる。
S39.10     神奈川県立平塚工業高校と改称。
S45〜      校舎老朽化に伴い、校舎の順次建て替え開始
S46.4     電子科2学級の増設。(8クラス規模校となる)
H11.10     創立60周年記念
H12.10     県立高校改革 「新校設置基本計画」の公表
          平塚工業高校は平塚西工業技術高校と統合し、総合技術科
          単科の新しいタイプの工業高校として生まれ変わる。
H15.4     高等学校の設置の一部改正により、平塚工科高等学校となる
H15.4     第1回入学式挙行 総合技術科入学生234名
H16.3     第1回卒業式挙行
H20.3     第5回卒業式挙行



歴代松陵会会長名をご紹介いたします

番 号  氏  名  任        期 卒業年度と科
第一代 笹 尾 英 夫 昭和16年〜昭和25年 昭和16年電気
第二代 神 成 簾 平 昭和25年〜昭和26年 昭和16年冶金
第三代 鈴 木 賢 治 昭和27年〜昭和28年 昭和17年化学
第四代 猪 股 孝 次 昭和29年〜昭和30年 昭和18年冶金
第五代 高 橋 敏 夫 昭和31年〜昭和42年 昭和16年化学
第六代 古 矢 親 治 昭和43年〜昭和53年 昭和17年電気
第七代 城 所   功 昭和54年〜昭和61年 昭和25年機械
第八代 二 宮 信 男 昭和62年〜平成 4年 昭和16年電気
第九代 高 橋 勝 頼 平成 5年〜平成10年 昭和17年機械
第十代 林  多喜夫 平成11年〜平成13年 昭和18年電気
第十一代 内 藤 光 孝  平成13年〜平成16年  昭和30年普通
第十二代  林  多喜夫  平成17年〜平成18年  昭和18年電気
第十二代   小野田鉄男
(林多喜夫途中で逝去により会長代行)
 平成18年〜平成19年 昭和18年電気
第十三代   林 正儀  平成19年〜 昭和39年電気
 
〔戻る〕