松陵会 会則

 

第1章 総 則

 第1条  本会は平塚工科高等学校松陵会と称する。

 第2条  本会は事務所を神奈川県立平塚工科高等学校内に置く。

 第3条  本会は会員相互の親睦を図り併せて母校と卒業生との連絡を密にすることを
       目的とする。
       また本会活動を通じて母校、PTAと連携の上、在校生の社会教育・学校教育
       への協力・支援を行い、母校の一層の発展に寄与する。

 
第2章 事 業

 第4条  本会は第3条の目的を達成するために次の事業を行う。        
  •     1.会員相互の連絡並びに共助についての行事        
  •     2.会員活動の支援        
  •     3.会員の連絡を保つ目的として会報の発行等        
  •     4.母校行事を通じた在校生への社会教育・学校教育等の支援並びに母校との連絡        
  •     5.その他必要と認めた諸般の行事及び施策

     
    第3章 会 員

     第5条  本会は次の会員で組織する。     
  •     1.一般会員  神奈川県立平塚工科高等学校卒業生
                   旧神奈川県立平塚西工業技術高校卒業生
                   旧神奈川県立平塚工業高校卒業生
                   旧神奈川県立平塚高等学校卒業生
                   旧神奈川県立平塚中学校卒業生
                   旧神奈川県立平塚工業学校卒業生
                   旧神奈川県立第二工業学校卒業生     
  •     2.正会員   所定の会費を納入した一般会員
                  (在学期間中に納入した卒業生を含む)     
  •     3.維持会員  所定の維持会費を納入した正会員(年度毎)     
  •     4.終身会員  所定の終身会費を納入した正会員     
  •     5.PTA会員  在校生の保護者を対象に本会が定める所定の会費を納入した者     
  •     6.賛助会員  神奈川県立平塚工科高等学校(旧学校を含む)の教職員および
                   松陵会の役員会にて承認された者のうち、所定の賛助会費を
                   納入した個人・団体・企業等

     第6条          
  •  (1)正会員、維持会員、終身会員、PTA会員及び賛助会員は、会費などの支払に応じ、
         会報発行の便宜あるいは本会が定める特定サービスなどを受けることができる。
         終身会員は終身にわたり維持会員と同等資格を付与する。
         なお、一般会員には、正会員、維持会員、終身会員、PTA会員及び賛助会員が
         受ける本会が定める便宜・サービスを受ける権利がないものとする。
            
  •  (2)一般会員の資格を有する卒業生にあっては卒業後、在校生にあっては卒業時に、
         本会が定めた所定の会費をそれぞれ納めることにより、自動的に正会員となる。
            
  •  (3)PTA会費は、当該在校生が一般会員の資格を得た時に正会費の一部に振り替え
         ることができる。
         ただし、当該在校生は一般会員の資格を得た時に、すでに納めたPTA会費と本会
         が定めた正会費との差額を納めなければ、正会員の資格を得ることはできない。
         すでに納めたPTA会費が正会費に達している場合は、この限りではない。

     
    第4章 役 員

     第7条  本会は次の役員を置く。
               1.会 長  1名
               2.副会長  数名
               3.会 計  1〜3名
               4.幹 事  若干名
               5.会計監査 2名

     第8条  会長は総会において正会員のうち、維持会員または終身会員の中より選出する。

     第9条  会長は本会を代表し会務を総括する。

     第10条  副会長は総会において正会員のうち、維持会員または終身会員の中より選出
            する。

     第11条  副会長は会長を補佐し会務を処理し会長支障ある時はその代行をするものと
            する。

     第12条  幹事は正会員の中より卒業年度に応じて会長が委属する。ただし会長は必要
            に応じて卒業年度に関係なく適宜委属することが出来る。

     第13条  幹事は会務の運営が円滑に実施出来るように三役(会長、副会長、会計)に
            協力して会務の運営に当る。

     第14条  会計監査は幹事中より選出し役員会の承認を得て会長が委属する。

     第15条  会計監査は会計の監査に当る。

     第16条  各役員の任期は2年とする。ただし再選は妨げない。なお補欠役員の任命は
            会長が行い任期は前任者の残存期間とする。

     第17条  本会に名誉会長、顧問を置くことが出来る。

     第18条  名誉会長、顧問は会長経験者等役員会にて承認されたものとし会長が委属
            する。

     第19条  名誉会長、顧問は会長の招請ある時は会議に出席し会務の円滑なる運営に
            協力する。

     
    第5章 機 関

     第20条  本会は次の機関を置く。
               1.総 会
               2.役員会

     第21条  総会は本会の最高決定機関であり、年1回(5月第3日曜日)開催する。
            また会長が必要と認めた時、臨時総会を適宜開催する。

     第22条         
  •  (1)総会及び臨時総会での議決権は、正会員、維持会員及び終身会員が有し、その
         行使は1人1票とする。
            
  •  (2)一般会員、PTA会員及び賛助会員には議決権はない。

     第23条  総会の議長は議決権を持つ出席者の過半数の賛成をもって選出する。

     第24条  総会に提案された議案は、議決権を持つ出席者の過半数の賛成をもって
            決定する。可否同数の時は議長が決する。

     第25条  役員会は必要に応じて会長が随時招集する。

     第26条  役員会は総会の決議事項を諮って本会の運営を協議する。

     
    第6章 会 計

     第27条  会計は幹事中より会長が委属する。

     第28条  本会の経費は正会費、維持会費(年度毎)、終身会費、PTA会費、賛助会費、
            事業収入及び寄附金をもって当てる。
            なお、正会費、維持会費、終身会費および賛助会費は役員会に於いて決定する。
            またPTA会費は神奈川県立平塚工科高等学校PTAと本会の協議の上決定する。

     第29条  本会の会計年度は毎年4月1日より始まり翌年3月31日に終わる。

     
    第7章 支 部

     第30条         
  •  (1)本会は卒業年度毎に年度会を発足するものとする。
         また、会の運営に必要と認めた地域、職域等に適宜支部を置くことが出来る。
            
  •  (2)地域、職域等の各支部は松陵会本部に届け出て登録し、松陵会本部との連絡を
         より密にすることができる。

     
    第8章 付 則

     第31条  本会則に定めのない事項については適宜役員会において協議決定する。

     第32条  この会則の変更は総会において議決権を持つ出席者の3分の2以上の賛成を
           要する。

  • (2009年4月30日規約委員会改正案決定、2009年5月17日改正・施行)

     

    <松陵会会員組織の仕組みと平塚工科高校との関係>


    トップページに戻る